ちゃいろのいぬ英語奮闘記。

英語の勉強記録。

わたしと英語【6才~中学生】

こんにちは。ちゃいろのいぬです。

次回の友人とのレッスンまで日にちがあいたので、わたしと英語について書いていきます。

 

わたしは6才の頃、英会話教室に入りました。

これが、わたしと英語との出会いです。

きっかけは、近所に住む幼馴染の女の子の両親がかなり勉強熱心で、そのお母さんに誘われてのことでした。

母に興味があるかどうか聞かれたとき、わたしはふたつ返事で「やる!」と言ったと記憶してます。その頃は何も考えず、ただ、「友達と一緒だし、なんか楽しそうだから。」それだけだったと思います。

 

小学校低学年の頃は、英語でかるたのようなことをやったり、歌を歌ったりと、遊びながら発音と単語を覚えるような授業の進め方だったと思います。

先生は日本人の女性でしたが、とても英語が上手な楽しい人だったので、毎週遊びに行くような感覚でした。

 

中・高学年になってくると、だんだん教科書の会話を暗記して演じたり、暗唱大会があったり、レベルチェックテストがあったりと、少しずつ勉強っぽくなってきました。

それでも先生が好きだったので、まだまだ楽しんでやってました。

 

中学校ぐらいから、それまで同じクラスでやってきていた幼馴染の子が私と別のクラスに入りました。わたしは毎週遊んでばかりで家で復習をほとんどせずにいましたが、その子はまじめで熱心だったので、わたしよりひとつ上のクラスにはいりました。

なんとなくちょっとショックを受けつつも、怠け者でのんびりやのわたしは自分のスタイルを変えずにいました。

 

高校受験のときは、英語のテストについてだけいえば、はっきり言って楽勝でした。

たぶん、満点に近い点数で、ほぼ英語だけで高校に合格したものと思われます。

英語以外は全くダメだったので。。

ここまでは、英語について何も考えてなかったし、好きだから英語ばかりやっていた状態で、勉強において何の苦労もありませんでした。それは、英会話の先生と相性がよかったおかげで、決してまじめではなかったけれど、教室に長く通い続けられたからだと思います。

 

高校生~大学生につづきます。